スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

歳をとってもオシャレを忘れず精一杯女性として生きましょう。




私は何年か前に京阪電車の伏見駅からのられた80歳を
過ぎた美しい老婦人を見てその気品と美しさに見とれたと言う


記事をUPした記憶があります。
マダ若かった私は


「よし、私が歳を取っても
この方の様に歳相応
自分なりの美しさを
目指そう」


と心に決めたものであります。


とは言え最近はその理想もだんだんと危うくなっている
現実は致し方ないな~と身をもって感じます。
私の理想とした、そこはかとなくにじみでる美しさは


内面を磨かなければでませんよねぇ・・・
「うわー ! 私にはそんなんできませんわ~」


まぁ、心掛けとしては歳を取っても薄化粧を施し身なりを
自分なりに整えるくらいの事でしょうか



あんまり、頑張りすぎはそこはかとなくとはかけ離れてしまいます。
でも、いつもよく声をかけてくれるイケメンの若いお兄ちゃんに
「きたないババア」と思われたくないなぁ~とはおもいます。


やはり、この歳になると異性の人より同性の目が気になります。
同性は良く見ています。「髪染めたん?」「カットしたん?」と
聞きます。


同性からでも「きれいになってるよ~」言われると悪い気は
しません。私も気が付いたらできるだけ良い所は言葉に出して
ステキやね~とか言う様に心掛けております。


諦めずに若い心を持ち続けよう
と改めて思いました。


生きてるかぎり「青春」です。
ワクワクする事を
探しづづけます。



因みに我家では私が出掛ける時はメイクや髪型を古亭主に
強制的にチエックさせます。


「どないや・・・化粧は濃すぎへんか?
口紅は赤すぎへんか・・・?」と聞きます。


必ず彼は見るでも見ないでもなく「いいんじゃないの~」と
薄笑いを浮かべて言います。


「じゃ、行ってくるわ~」これがパターンです。
ホント考えたら気の毒なことです。


勿論うちの亭主の事です。


ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
御訪問ありがとうございました

ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ




にほんブログ村 シニア日記ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

父の返事

ふふふ、記事を拝見して思い出しました。
昔 母が父に聞きました、「これとこれ、どっちがいい?」
母が手にした服を見て父は、「どうでもいい」と。
頓智の効いた会話をしていた亡き父を懐かしく、、、、、

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

女性はいつまでも前向きで生きて行ける人が多いですね。
それにつけて男性は・・・・・・・(笑)

明日、このことを書いた記事を掲載予定でした!

Re:白秋マダムさんへ

 (*’▽’)コメントありがとうございます♥♥

白秋マダムさんのお母様ご夫妻も我家に良く似た面白いご夫婦だったんですね。
こんな事ここでしか言えませんいい歳をして何を・・・と笑われるのが落ちです。

でもこんな会話が出来る夫婦で良かったと思っています。

Re: 鍵コメさんへ

 (*’▽’)コメントありがとうございます♥♥

内面を磨くって事は奥が深くって一朝一夕には行きません。
でも心掛けます。

それより大変じゃありませんか。貴女にもそんな御心配が・・・
どうぞ御大事に・・・

Re: 孝ちゃんのパパ へ

 (*’▽’)コメントありがとうございます♥♥

先にブログネタ取ってしまってゴメンナサイネ・・・

前向きと言えば前向きですが要する現実と必死に戦って
いるのです。


プロフィール

ぽぽ

Author:ぽぽ
❅❆❄❅❆❄❅❆❄
1943年生れの
 戦争遺児の私です。

満4歳で京都から母の
従姉妹夫婦の養女に出さ
れ大阪の子になりました。
子供の時からマケジ魂で
  生きて来ました。

41年間 寿司と仕出しの店を
営業・調理士もしていました
2010年に卒業致しました。

2012年12月31日まで
たんぽぽ娘と名乗っていま
したが「綿毛たんぽぽ」になる
時期が来ました2013年より
新しい芽吹きを目指します。 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。