スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

高級フランス料理のエスカルゴは蛋白源不足の代用品だったんですって?



 
 私はそんなにフランス料理となれしたしんでないのでエスカルゴ
料理が手が出ない程お高い料理なのかどうかはよくしりません。


 過去に何かの時に1度や2度は食べたような記憶があります。
よくよく思い出してみるとデンデン虫の殻の入り口に青い色を
したバターで封じ込めてあったような記憶があります。


 さぁ、美味しかったかどうかなんて覚えておりません。
最近は養殖されているそうですが、


ちょっと昔日本でもに大きめの
カタツムリを食用にしょうと


養殖したもののあまり売れずに
爆発的に繁殖して


養殖場以外にも被害を与えてかなり話題になったのを覚えています。
その後どうなったんでしょうね・・・


 
 なんでそんな話になったのかと言うと梅雨も近づきそろそろ
でんでん虫が出てくる頃やな~と言う話になりました。
それが切っ掛けです。しょうもないでしょう?


本物のエスカルゴはフランスのブドウ畑
に住んでいるそうです。庭園などにいるカタツムリは使わなかた
そうです。ブルゴーニュ地方やシャンパーニュ地方のエスカルゴ


は肉厚で殻が薄くみじん切りにしたパセリを加えぶどう酒で
煮込んだものを昔のパリジャンは愛好したとか・・・
今の料理方法と少し違うような感じがします。



 セーヌ川にちいさな中の島があるそうです。そこに住んでいた
先住民がパリシーとよばれたそうです。フランスのパリと言う
名前がついたのはここから来たと言う事だそうです。


 先住民の時代は魚も獣も取れない時のやむをえずたべる
代用食だったそうです。先住民って何時頃だろうと思って
ちょっとググリました。何と西暦508年にパリシー族に


ちなんでパリと言う名前の街ができたそうです。
エスカルゴ
から話は太古の昔へと飛んで行ってしまいました。
ノロノロ動くカタツムリの話でしたのに・・・


タイムスリップにも程があります。
おそまつでした・・・・(T_T)/~~~



ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
御訪問ありがとうございました

ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ



にほんブログ村 シニア日記ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

今では、カタツムリも見ることが出来なくなりました~
なんででしょう? 我が家の庭でも全く見ませんが・・

ぽぽ先輩さま・・リンク張らせていただきました。
今後とも、よろしくお願いします。
更新楽しみにしています♪ 無理なさらず、ボチボチで。^^
私も、ボチボチの更新です~

Re: タイトルなし

 (*’▽’)コメントありがとうございます♥♥

カタツムリも住ずらい環境になってしまったのでしょうか?
場所によってはまだいますよ・・・

千葉の孫がよく学校帰りに何度か持って帰って何かの容器に
レタスなんかいれて飼っていました。

そう言えば我家のまわりも最近見かけなくなった様に思います。
大阪も住みにくくなったのでしょうか・・・

リンクありがとうございます。私も早速させていただきました。
プロフィール

ぽぽ

Author:ぽぽ
❅❆❄❅❆❄❅❆❄
1943年生れの
 戦争遺児の私です。

満4歳で京都から母の
従姉妹夫婦の養女に出さ
れ大阪の子になりました。
子供の時からマケジ魂で
  生きて来ました。

41年間 寿司と仕出しの店を
営業・調理士もしていました
2010年に卒業致しました。

2012年12月31日まで
たんぽぽ娘と名乗っていま
したが「綿毛たんぽぽ」になる
時期が来ました2013年より
新しい芽吹きを目指します。 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。