スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

中年娘と老母の毛づくろいの光景



半月くらい姿を見せなかった長女からの電話 、
車で7 ・ 8分離れた所で暮らす46歳になる娘です。
「お母ちゃん今居るか・・・ちょっとそっちへ行くわ」

程なくバイクでやって来ました。
「アンタ暫くけぇへんかったな・・・」 (けぇへん=来なかった)
「まぁ、色々忙しかったんや・・・」

別に何の用事でもない様です。アイスコーヒーをいれてしばらく雑談
していました。隣の部屋で主人はお昼寝中です。コトンと音がしたので
「なんや、お父ちゃんも居たんかいな・・・」

娘は主人に「何時もどないしたはりますのん・・・」主人は寝ぼけまなこで
「お前も元気やったんかいな・・・子供等も元気か・・・」
「みんな元気やで・・・」 「そうかいなそれは結構な事や・・・」

他愛ない親子の会話です。色々な世間話をしている内に娘の頭に
キラッと光るものが・・・「アンタ 頭に白髪が有るで」


「そうやねん、最近出て来てんねん」
「アンタ白髪が2本程ピンッと立って
ちょっと目立ってるで・・・」


「お母ちゃんちょっと抜いてえな」
私は娘の頭に手を伸ばして
目立った白髪を抜きました。


私は我が子の白髪を探しながら
「まるで猿の親娘の毛づくろいやな・・・」

と何かこの光景何か面白いな~
と暖かい様な妙な気がしました。


私が24歳の時に生んだこの子がもう、こんな歳になったんやな・・・
娘の子供達は長男はもう、22歳 次男は19歳 下の娘は14歳です

我が娘に白髪が出ても仕方が有りません。
この子の幼少期は私達夫婦は何にも無しで商売を始めて子育て
しながらガムシャラに働いておりました。

よそ様の御家庭の様に決して丁寧な子育てをしたとは胸を張って
言う事は出来ません。他の二人の子供達も同様です。


私達夫婦は真面目に懸命に働いている親の背中を見せていれば
子供は真っすぐに育つと親の都合の良い信念で生きていました。

それでも愛情はどこにも負けていないと思っておりました。

お陰様でどの子も横道それる事なく無事に3人共それぞれ家庭を
持っております。それだけでも親としては感謝をしなければ
なりません。

よそ様の子供さんの様に何かイケない事をしたら、
「★★ちゃんダメよ~」 なんて悠長な事を言って育てておりません、
容赦なくお尻ペンペンです。

もの心つくまではたっぷりスキンシップを大切に丁寧に
育てるのが現代の子育ての基本らしいです。そうすると
我家の子供達には悪い事をしてしまいました。



忙しい仕事の家の子に生まれて気の毒な事をしました。しかし私達夫婦
は子供達の行く手は決して阻む事はしませんでした。全力投球で頑張り
ました。進学から独立まで・・・


まぁ、そんな所でご勘弁下さい。これからお世話をお掛けする事も
多くなりますが宜しくお願い致します。出来るだけ迷惑かけない様に
頑張りますから・・・

自分の老いを受け入れ始めた親の思いと願いの独り言でした。
 



ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
御訪問ありがとうございました

ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
スポンサーサイト
プロフィール

ぽぽ

Author:ぽぽ
❅❆❄❅❆❄❅❆❄
1943年生れの
 戦争遺児の私です。

満4歳で京都から母の
従姉妹夫婦の養女に出さ
れ大阪の子になりました。
子供の時からマケジ魂で
  生きて来ました。

41年間 寿司と仕出しの店を
営業・調理士もしていました
2010年に卒業致しました。

2012年12月31日まで
たんぽぽ娘と名乗っていま
したが「綿毛たんぽぽ」になる
時期が来ました2013年より
新しい芽吹きを目指します。 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。