スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

「明日ママがいない」の問題は何が問題なのかが問題です(-_-メ)


2014/2/28/15:30(金)

皆様コンニチワまだ冬眠から覚めないモグラ婆さんが
2月の終わりにチョコット顔を出して見ました。
モグラ叩きの様に「ポコン!」と叩かないで下さいね~



今、話題になっている
「明日ママがいない」


のドラマについて
思っている事を
書いてみました。 


私もこのドラマ第1回は見逃しました。
余りに騒がれるので今は毎週録画して
必ずみております。


私の生い立ちとも無関係とは思えないのです。


内容は実際見た時、親代わりの管理者の描き方に
「エッ!」と思ったのは事実です。



私のプロフィールにも書いて有ります通り父が戦死して母が大病
しましたので母の従妹夫婦に養女にだされました。


私も小学生の高学年の頃には良く思った物でした。この家に貰われ
るんだったら、何も関係のない施設にやられたほうが良かったのに
と何度も思った物でした。



その頃はそう言う施設の事を「孤児院」と呼んでおりました。
どんな環境だったのかは知りませんでしたが・・・私にとっては
養父母から何事にも恩にきせられるのがとても負担でした。



その頃の施設の実情を分からないままの思いでしたが・・・
薄々大変な所だと言う事は解っておりました。


しかし独立出来る年になれば束縛からは解き放たれるんだ・・・と
思っておりました。私にとっては出身がどうのこうのと言う様な
事と自分の置かれている状況を天秤にかけても精神的には


しがらみのない施設の方が「良い」と思った物でした。
養父母に対しては罰当たりの甘い考えだったのかも知れません・・・



母の従妹夫婦の養女になっても昭和30年代のことですから
結局、教育も与えられず中卒で大手家電メーカーに就職、


毎月のお給料やボーナスも封を切らず
に養父母に渡しておりました。要求されたのです。


その中から僅かなお小遣いを貰っていたのです。


21歳で主人と結婚の前後も様々な干渉に苦しみ
心は解き放たれませんでした。



こんな事を言うと亡き養父母には悪いとは思いますが余り
良き思い出はありませんでした。


まぁ私の性格は明るく勝気でしたから
(そうでないと自分自身を維持出来なかったからでもあります)


私をイジメたら腕力も強く「倍返し」されると思われていました
ので決してメソメソはしておりませんでした。



そうです正義の味方
「ぽぽ仮面」でした。
確かにこのドラマ内容の
問題は...


関係者にとっては色々支障は
あるでしょうが・・・
現実に存在している事です


これを見た施設の子供が自傷行為を行ったと言う報道もありました。
この世は理不尽な事だらけです。


私はだから児童施設の問題の描き方には配慮をするのは
必要かとは思いますが・・・


メディアや関係者の突き上げで中身を綺麗事に
作り変える圧力には屈しないでほしいです。



でも確かに弱者の子供達への影響があるのならこの点は
「表現の自由を侵す」と言う事ではカタズケられないと思うのも
確かです。このドラマは踏み込む領域がデリケートすぎて


テレビ局や作者も踏み出した
ものの後戻りもできない
ジレンマに


陥って苦慮しているんだと
思います。しかし この様な


子達の存在や厳しい
現実があるのは確かです。


果たして触れないで置く事が
無難で正解なのか・・・
答えは出せません。



サスペンスドラマでも警察官が犯人だったり警察組織の問題を
ドロドロとあからさまに描写した物や・・・医学界の醜い話や・・・
政治家の不正や教育現場の物語もこの世のネタは尽きません。


これまでにも、ドラマの内容で警察当局や
政治家や医学界からもテレビ局に抗議の声は有ったんでしょうか?
どの分野でも懸命に職務を全うされている方が殆どです。


スポンサーも全社降りると言うのも前代未聞です。視聴者はそんな
に馬鹿ではありません。その時間帯を契約されている事はみんな
知っております。


ドラマの内容をスポンサーの責任とは考える人は少ないと思います。
それにしても複雑な思いです。別にテレビ局の肩を持った訳では
ありません。

 
このドラマ問題に「これはこうだ!」と
明確に正しい答えを出せない
私であるのも事実です。(T_T)/~~~ 



ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
御訪問ありがとうございました

ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ

2014/2/28/15:30(金)
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
スポンサーサイト
プロフィール

ぽぽ

Author:ぽぽ
❅❆❄❅❆❄❅❆❄
1943年生れの
 戦争遺児の私です。

満4歳で京都から母の
従姉妹夫婦の養女に出さ
れ大阪の子になりました。
子供の時からマケジ魂で
  生きて来ました。

41年間 寿司と仕出しの店を
営業・調理士もしていました
2010年に卒業致しました。

2012年12月31日まで
たんぽぽ娘と名乗っていま
したが「綿毛たんぽぽ」になる
時期が来ました2013年より
新しい芽吹きを目指します。 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。