スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

帽子愛好者へ帽子のプレゼントは喜ばれるのかな?



2012/11/30/01:16(金)

私は若い頃から帽子が好きです。又 冬は帽子をかぶるとやはり
暖かいんです。それに血圧高めの私に取って必須アイテムです。


又 現役時代は調理の傍ら店頭レジの助っ人もこなさなければ
なりません。仕事柄衛生上に於いても毎日着用しなければなり
ませんでした。


これで困る事が起こるのです。食品関係の女性はお解り頂けると
思いますが、ヘヤースタイルがペッチャンコになってしまうのです。
そこへ突然外出の用事が出来たりもします。


そんな時、帽子が活躍してくれるのです。
だから色々のタイプの物が増えました。


ある年、長女が私に突然プレゼントです。
包装を開くとシャレた「おぼうし」です。


「へえ~っ」と思ってかぶって見ました。かぶる前に見たらとても
ステキに思えました。しかし何かしっくり来ません。要するに
自分的には似合わないのです。でも「ありがとうね」と


喜んで受取ました。申し訳ないのですが結局かぶる事はありません
でした。そうして何かの日に 又 「おぼうし」のプレゼントです。


私はこの時も喜んで受取ました。しかし思い切って長女に
「今度プレゼントくれるのは帽子以外の物にしてくれへん?・・・ 」
と、気を使いつつ 言ってはイケナイ事を言ってしまいました。



やはり御機嫌をそこねました。しかし かぶらないのだったら
「勿体ない」と思いました。長女の御機嫌はしばらく治りません。
私もあんな事を言わなければ良かったなぁ~と思いました。



でも、帽子は顔の一部になります。こだわるのです。コダワッテも
救いようのない顔なんですが・・・(-"-) 



私は服でも何でも物を買う決断は早い方で どんなに種類があっても
一応ぐるりと見渡して何点かに目を付けます。


それを順番に試着して「あっコレダメ」「コレモダメ」と選別です
その中で「ウン!コレヤ」と決めるのでさほど時間はかかりません。
目に付く商品が無ければ買いません。


もし、お帽子をプレゼントされるのなら御本人をお店まで連れて
行って御本人が気に入られた物をプレゼントしてあげる事を
オススメします。


この「おぼうし事件」しばらくお互い気まずい母娘関係で切ない
思いを致しました。(+_+)



今朝、主人が散歩に行く時これも何年も前にもらった長女からの
プレゼントの帽子を手に「これ、丁度今頃にエエと思うんやけど
チョット大きいねん」と言います。



見ると似合っています。(さて、どうした物か・・・)
私、ハタッと思い付きました。


「お父ちゃん、帽子の中の折り目の中にプチプチを細長く切って
挟んだらどうや?」さっそく実行!挟んで簡単に留めて固定!


「ウン、丁度エエワ・・・」とチョイとかぶって御機嫌で
御散歩に出掛けました。


「どうや!ぽぽちゃんのこのグッドアイデア!」この朝の出来事で
何年か前の お帽子事件が思い出されました。
 

「あ~っ あれはもう コリゴリですぅ~」(>_<)


しょうもない話しにお付合いありがとうございました。


2012/11/30/01:16(金)



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
スポンサーサイト
プロフィール

ぽぽ

Author:ぽぽ
❅❆❄❅❆❄❅❆❄
1943年生れの
 戦争遺児の私です。

満4歳で京都から母の
従姉妹夫婦の養女に出さ
れ大阪の子になりました。
子供の時からマケジ魂で
  生きて来ました。

41年間 寿司と仕出しの店を
営業・調理士もしていました
2010年に卒業致しました。

2012年12月31日まで
たんぽぽ娘と名乗っていま
したが「綿毛たんぽぽ」になる
時期が来ました2013年より
新しい芽吹きを目指します。 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。