スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

43年前の玉子の殻とヤクルトの瓶で出来たお雛様


2012/02/29/18:00(水)

今から43年前まだ私は25歳でした。ちいさい頃から おひな様には特別な
憧れを持っていました。まだその頃はそこそこのお宅しか ちゃんとした
おひな様はありませんでした。もちろん我家にもありませんでした。


借金して店の
土台となった
家を買った
ばかりでした。


丁度主人が
病気をした直後
で人生で1年
だけ、商売をして
いない時でした。


私には思いがけ
なく時間が出来
たのです。


お金なんかは
ぜんぜん
ありません
でした。                     
                          (現在はこのお雛様は有りません。)       


私はどうしても長女にお雛様を・・・と思い、自分で作る事にしました。
子供の時から 持ち前のなんとかなるやろ・・・買ってやる事は出来ないけれど
親の気持ちが通じてくれればイイとおもいました。


普通 孫に女の子が生まれると
母の実家から初節句の祝いに
送るのが慣例でしたが・・・


あの養父母に望む事は
無意味です。


手始めに何ヶ月も前から調理に
使う生玉子の細く尖がった方に
縫い針でチクチクと突き刺し


1cm程の穴を開けて慎重に
中身を取り出しました。


勿論中身は食べます。何日も掛かって失敗分も予想の上、20個くらい空の
玉子の殻を用意しました。中も綺麗に洗って乾燥させます。


胴体はヤクルトの瓶です。その頃は瓶でした。それも何個も集めました。
お衣装は本当は和紙の千代紙が欲しかったのですが、近くには
ありませんでした。


仕方なく近くの文房具屋さんで合いそうな物を調達しました。さて見本は無い
し、広告の写真を手本になんとなくそれらしい感じを試行錯誤の上、相当の日数
を掛けて作りあげました。


難しかったのは5人囃子の帽子でした。まあこんな感じでイイカ!とお内裏様
と3人官女、と 5人囃子まで作りました。


勿論 お内裏様の「冠」や「扇子」や
5人囃子の「太鼓」「大鼓」「小鼓」「笛」「謡(扇を持っている)」
三人官女の「三方」「長柄銚子」「加えの銚子」のお道具も作りました。


本当は槍や矢をもった他の2体も作りたかったのですがここで
私は精魂尽き果てました。


それでも近所の子供達や妹の子供達に大受けしました。4年くらいは
この、貧乏お雛様の前で子供達は賑やかに遊んでくれました。
何故か良いお雛様を持っている子も我家の貧乏雛が気に入った様でした。


昭和50年に次女が生まれた時は奮発して7段かざりのお雛様を買いました。
が、主人の妹はひな祭りの頃になると私の貧乏雛の想い出を語ってくれます。


2012/02/29/18:00(水)


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
スポンサーサイト
プロフィール

ぽぽ

Author:ぽぽ
❅❆❄❅❆❄❅❆❄
1943年生れの
 戦争遺児の私です。

満4歳で京都から母の
従姉妹夫婦の養女に出さ
れ大阪の子になりました。
子供の時からマケジ魂で
  生きて来ました。

41年間 寿司と仕出しの店を
営業・調理士もしていました
2010年に卒業致しました。

2012年12月31日まで
たんぽぽ娘と名乗っていま
したが「綿毛たんぽぽ」になる
時期が来ました2013年より
新しい芽吹きを目指します。 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。