スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

胃ろうは治療か?ただの延命手段か?命の尊厳を考える。


2012/01/30/23:30(月)

前回の投稿に続いて、又々気の重い話題で恐れ入ります。しかし物のついで
と言う事も有りますので・・・それに皆さん無関係な話しではありません。


平成14年に亡くなった私の義母(姑)は要介護5の痴呆症でした。


デイサービスに行っておりましたが、骨折で入院となりました。
もともと心臓の持病があり、その上、足の骨折の手術の
結果個室での付き添いを言い渡されました。


私を含め、全員現役で仕事が有りました。
仕方なく昼間は付き添い婦さんを雇いました。


個室の差額ベッド代と諸々を加えると軽く
50万円は超えました。
付添婦さんを24時間にした方がお安いですよ・・・


と教えられましたが、親を24時間 他人に任すのは良心が許しません
でした。病院は一応完全看護が建前ですが、患者の状態に応じて結局
家族に対応を迫ります。これが現実です。


義姉妹とがんばりましたが、みんなそれぞれに事情が・・・結局、末っ子の義妹と
私の二人で仕事をしながらの泊まり込み・・・ついに、体力的に共倒れになるとの
判断から24時間完全看護の老人病院の順番を待って転院しました。


その結果、入院費用はお高いですが、付き添いさんや差額ベッドの事を
考えると今までの病院代の半分になりましたし、
看護体制も充実しておりました。


費用は姑が痴呆の症状が現れ始めた頃から、兄妹会を設立して一軒当り
月額3万円の会費を積み立てていたのと、姑のほんの少しの年金とで
まかないました。


私が運転手で入れ替わり義姉妹達と殆んど毎日、
病院に様子を見に行きました。


これは私達の人間関係がすこぶる良かったのと、嫁の私と姑との関係が
良かったから出来たのです。痴呆になっても私には可愛い姑でした。
これは、本当にホントです。


可愛い痴呆でした。姑のこの可愛い痴呆が私にとって、人生最大の救い
でした。私の養母のゴンタさんには、ホトホト困ったからです。


人間は自分の食扶持(クイブチ)を食べてから死ぬと言います。


その姑が有る時期 私達が作って病院に持って行った食べ物を、
口いっぱいにホウばり、まだ呑みこんでない口に又ホウばると
言う驚くべき行為に目を疑いました。


姑は昔から食べ物は、質素を旨とし、間食等は殆んど取らない慎み
深い人でした。ですから、私達はその光景を見て、涙があふれるの
をおさえられませんでした。


すでに自分は誰なのか、私達が誰なのかも分りませんでした。
間もなく自力での食事摂取が出来なくなりました。


医師から「胃ろうはしますか?」と尋ねられました。
医師は「これはマカロニ医療と言うのですが・・・」と言われ、あまり
勧められませんでした。義母の場合は只延命のみになるとの事でした。


体や胃に穴を開けてまでは・・・と全員一致で、しないと決めました。
義母の性格から考えても、望まないとおもいました。何も分からない
まま 只、生き永らえる事が命の尊厳とは思いませんでした。


人道上最低限、必要な措置をお願いしました。
それから約1ケ月後家族全員に見守られて眠る様に旅立ちました。


義母の旅立ちは寂しい事ですが、みんなで息を引き取った義母に
「おばあちゃん、御苦労さん、好い所へ行ってや・・・」


と言いました。良く働いた人でした。90歳でした。そうして「これで良かった・・・」と
みんなで顔を見合わせうなずき合いました。

過去の記事


2012/01/30/23:30(月)


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
スポンサーサイト
プロフィール

ぽぽ

Author:ぽぽ
❅❆❄❅❆❄❅❆❄
1943年生れの
 戦争遺児の私です。

満4歳で京都から母の
従姉妹夫婦の養女に出さ
れ大阪の子になりました。
子供の時からマケジ魂で
  生きて来ました。

41年間 寿司と仕出しの店を
営業・調理士もしていました
2010年に卒業致しました。

2012年12月31日まで
たんぽぽ娘と名乗っていま
したが「綿毛たんぽぽ」になる
時期が来ました2013年より
新しい芽吹きを目指します。 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。