スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

大災害と政治災害で庶民の人生が変わってしまう!

 border=
始めまして本日ブログデビューです。よろしく御願い致します。たんぽぽ娘?
は~い確かに私も娘でございました。今も心は娘でございます御了承下さいませ。孫が5人、いやもうすぐ6人になるど根性娘で~す。以前からいつかはブログを始めようと思いつつ今日になってしまいました。
    
それにしてもこの大自然はどうして幾百年、幾十年の周期で人間にむごい試練を与えるのでしょうか?今回の災害は神や仏の域を超えていると思うのです。御遺体の見つからない御遺族も多数にのぼる事でしょう。その心中を思うと胸はつぶれそうです。
    
私の父も65年経つ今も遺体は帰って来ておりません。母の言うには小さな骨箱の中に小さな紙切れに「御英霊」と書かれた紙になって帰って来たそうです。父は海軍でした。フィリピン沖だったそうです。海に呑みこまれたのです。92歳になった母も津波で海に呑みこまれた方の事を思うと夫の事を重ね合わして思い出したと言っております。
    
この戦争で私と母の人生も、良くも悪くも方向が変わったのです。私達のみならず想像出来ないくらいの多くの人生が変わったのです。戦争は人間が起こした政治災害です。でも今回の大震災と大津波の悲しみと怒りはどこにぶっつけたら。良いのでしょう。
    
それにしても原発事故は何ともはや映像を見る度、頭痛とはきけを覚えます。
早く原発事故が人間の手でコントロール出来ます様、祈るばかりです。そうして過酷で危険な作業にたずさわっておられる現場の最前線の方には頭が下がります。・・・お偉い方は安全な所に居られるのでしょ?
    
この災害で多くの人の人生の方向転換を余儀なくされる事でしょう。この上、今の国政の舵取り次第では政治災害が加わらないともかぎりません。政治家の皆さん、本当に腹をくくって舵取りして下さい。被災者の皆さんの新しい方向に新たな幸せが待っています様、祈るばかりです。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
スポンサーサイト
プロフィール

ぽぽ

Author:ぽぽ
❅❆❄❅❆❄❅❆❄
1943年生れの
 戦争遺児の私です。

満4歳で京都から母の
従姉妹夫婦の養女に出さ
れ大阪の子になりました。
子供の時からマケジ魂で
  生きて来ました。

41年間 寿司と仕出しの店を
営業・調理士もしていました
2010年に卒業致しました。

2012年12月31日まで
たんぽぽ娘と名乗っていま
したが「綿毛たんぽぽ」になる
時期が来ました2013年より
新しい芽吹きを目指します。 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。