スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ささやかな春の幸せ~♪


2013/03/19/06:00(火)

昨日は月曜日で美容室が本当は定休日でした。前日の日曜日に
寒い間、ほったらかしのヘヤースタイルを何とか


しなければと思い立って行きつけ
の美容室に電話・・・


「今日は一杯でもう出来ません」
と断られてしまった・・・。


「ウーン明日は定休日だし・・・
困ったなぁ~」と言うと



「明日朝に来て下さったら
させて頂きます」と
言われました。


「じゃ御願いします。」との無理を言って・・・むさくるしい頭を
何とかしてもらって少しはマシになったかな・・・?


いや、マシになった!と帰ってから古亭主に
無理やりにでも「ええでぇ~」
と言わせましょう!(^^)!



いつもは自分の運転で移動するのですが車は丁度 車検で
業者が取りに来る為・・・車でたった5分の道のり
ですが亭主に送ってもらいました。


「帰りは電話するから業者の代車で迎えに来て」と
頼んでいました。「済んだから来て~」と電話・・・


すると「何時も見ているドラマの最中だから」と
生返事・「ええわ・・・歩いて帰るぅ~」と
言って久しぶりに歩いてみました。


私の足腰は10年前の階段転落事故以来・・・スタスタと歩く事は
出来ません・・・私の足ではかなり時間がかかります。


案の定3分も歩いたら股関節や腰に痛みと張り・・・
これは運動不足の結果筋肉や関節が退化して
いるんだな・・・とつくづく感じました。


それでも「何くそ」
と歩いていると
ある時点から


少し関節の
ギコチナサや
痛みが少なく
なった様な気がしました。



「ん!これは・・・」と思いながら重い腰には変化
は無いけれど懸命に歩きました。


道脇には色々の雑草が芽吹いています。「オオイヌノフグリ」
も可愛い空色の花を咲かせています。それにタンポポも・・・


小学校の校庭では子供達の体育の授業で元気で賑やかな声、
桜も蕾がふくらんで春の到来を体いっぱいで感じました。


重くて頼りない腰と足を
引きづりながらも


車の移動では感じ
られない感覚です。



やっと自宅に到着、古亭主は
「以外と早いこと着いたやん」とお出迎え・・・


私も「明日から毎日少しづつ歩いて見るわ~」と言うと
夫も「そうや・そうや・それがええ!」とおっしゃる・・・


家に到着する頃には 強制的にヘヤースタイルを
「ええやん、良くなった」と言わす事を
すっかり忘れていました。



午後からかなりの雨が長時間ふりました。いつもより朝早く
起きたので・・・昼食後 眠くなって雨音を聴きながらの
昼寝・・・何とも良い心地でございます・・・



夕食後は千葉の孫娘達との電話で
の楽しい会話・・・お姉ちゃんは


この春小2で 妹は
1歳10ヶ月です。


特に下の子は色々良く喋る様になりました。適当に合わせていると
延々と何やら喋ります。日本語の内容はトンと解せませんが


何と「ハロ~」と「グッパイ」はハッキリと・・・
「う~ん天才!」とオババ馬鹿でございます・・・



今日は何だかとっても幸せな一日に感じました。



ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
御訪問ありがとうございました

ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ

2013/03/19/06:00(火)

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
スポンサーサイト

ナンパ野郎に「喝!」 35年前の 戯言or寝言?


2013/03/07/01:40(木)

私 今朝とんでもない夢を見ました。まだ30代の時の事です
チョット自慢も入っていますのでアホらしいと思った御方は
スルー御願いします。


大阪のおばちゃん予備軍だった頃の武勇伝です。
今から35年前と言うと私34歳でした。



その頃もう、すでに3児の母でした。休日に梅田まで用事が有って
子供は連れずに一人で出掛けました。その頃はもう梅田は地下街
が かなり 充実していました。


私もまだ今の様にコロコロではありません。
シュッとしてました。(ホンマ デス)


そう、その日はそれなりにファッションも決めてハイヒールを
履いてカッポしておりましたのよっ!(^.^)/~~~




そうしたら後ろ
の方から
見知らぬ男が


「お茶しませんか?」


と言いながらついて
来ます。これって今、
言われている


「ナンパ?」
でしょうかね。


この頃「ナンパ」なんて言葉存在したのかしらん・・・


とにかくシッツコクつきまといました。その頃まだそれなりに
見るに堪えたと言う事かしら・・・(*^^)v


しかし 歩きながら「コイツ どうしてくれようか?」と思いました。
前になり、横になり、後ろになり、付いて来ました。


私、ついに「ブチッ!」と切れました。見た目はどうでも私はすでに
中身は半分以上「立派な大阪のおばちゃんと化しておりました。」


周囲はかなりの人の雑踏です。私 ピタッと立ち止まってクルリと
回れ右して振返り両足を大股に広げて仁王立ちになって 持ち前の
大声で(肺活量普通の2倍です)

「アンタ!いったい何の用や・・・」と一喝してやりました。



その ナンパ野郎は 一瞬で固まりました。回りの人は突然の事で
みんな立ち止まって私を注目しました。


その野郎は 飛んで走って逃げました。
「えらい女に声を掛けてしもうた」と後悔した事でしょう。


帰宅してから勿論主人には「まだ声を掛けられるんやでぇ・・・」
とチャンと報告致しましたよ。(*^^)v



主人は「シラーッ」としてました。


やはり昔も今も「大阪のおばちゃん」は恐るべし・・・
「気を付けなはれや~」


もう、今は ヨロヨロ歩く私の後ろ姿に向かって孫に 
「婆ちゃん 気を付けや~」と声を掛けてもらっております(ToT)




ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
御訪問ありがとうございました

ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ

2013/03/07/01:40(木)

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ポーカーフェイスの面白くってチョット変人?


2013/02/28/23:07(木)

忘れられないユニークな人がいました。
手芸用品を扱うお店の御主人です。


その方は人と顔を合わす
時は商売人らしく、


会釈をするのでもなく、
ジイーットお店から
外を見ています。


その顔は目を思いっきり
見開いて・・・
何と表現したら良いのか


そう、おじさんが「キューピーさん」
の様な表情を・・・と言ったら
想像して頂けるかな?


イヤ、それより「すっぴんの おじさんピエロ・・・?」
変な表現です。


しかし愛想が悪いのではありません。嫌な人でもありません。
それが そこの御主人のキャラクターでしょう。
私が店の前を通りがかると必ず声を掛けてくれます。


それも、ニコリともしないで私の店の屋号で「★★さんの奥さん」
と呼びかけます。「は~い」と返事をすると又 ニコリともせず
目をパッチリと見開いて


とっても面白い一言を言うんです。その又一言が意表を突いた
又、的を得た一言なんです。


芸術性さえ感じる絶妙な口調とタイミングです。
それを聞くと思わず立ち止まって笑ってしまうんです。


どんな事を言ったかは有り過ぎて思い出せません。




私が思わず笑うと「まぁ入って一服(イップク= 一休み)して行き~な」
と言うんです。そこの息子さん と私の息子と同級生でした。
引きずり込まれる様に入ると 色々な話しが弾みます。


又 話しの内容の話題が豊富でいつも面白いんです。


奥様も一緒に店番をしています。そのお店は御客様に手芸の
手ほどきをされていました。聞く所によると息子さんは
飛びっきりの秀才だそうです。そんな素振りは全く見せません。


私は常々キット 御主人は息子さんと同じ様に 頭が良いんだ・・・
だから、次々と ウイットの利いた一言が言えるんだと
感じていました。


私は 内心でいつか
(今度 又 面白い事を言ったら、何か面白い事を言って 返すぞ)
と思っていました。


そんなある日 何時もの様に そこの店の前を通りがかると
店から御主人が出て来て 何時もの表情で


私に向かって
  「歩いてんのん・・・?」


私・顔の表情を変えずに真っすぐ前を向いて
  「ふ~ん・歩いてるねん・・・♪」と答えました。


今の様にウォーキングが流行っている時代ではありません。
そんな事を問いかけているんではないんです。
只、歩いてるんか・・・と言っているんです。


「息してるのん?」と同じ様な物です。


普通 人に声を掛ける言葉は「今日はええ天気でんな~」とか
「今日は寒いですなぁ~」とかが普通だと思うんです。


人に声かけるのに「歩いてんのん?」は言わないですよね・・・
私もオジサンに負けない表情で「ふん、歩いてるねん♪」
と返したんです内心 (シテヤッタリ!) と思いました。



自分の店に帰ってから、思い出し笑いが止まらなくって
お腹を抱えて 大笑いしました。
コレ 面白いと思うのは私だけ?


店のみんなに 今 有った事を話しました。みんなは
「あそこの御主人らしいなぁ~」と 又 一緒に笑いました。


まだ40代の頃の事でした。
私もかなりの変人かな?



ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
御訪問ありがとうございました

ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ

2013/02/28/23:07(木)

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

古い曲を口ずさんだ♪「アレ?これ何の曲だったかな?」


2013/02/19/00:52(火)

夕食後、片づけをしている時 無意識で古い曲をくちずさんでいました。
「青いたそがれ・・・山が招くよ・・・呼んでいるよ・・・」と ほんとうに


はるか昔・・・中学生の頃だと思うんです。日本語では
「雪村いずみ」さんが歌っていました。


メロディーも所どころ怪しいんです。しかし好きな曲でした。


「雪村いずみ」さんの透き通った美しい歌声・・・
伸びやかなメロディー♪ 曲名もどうしても出て来ません。


私なぜか今、思い出さないと大事な青春期にもまだ入って
いない時代の 自分の1ページを 失う様な気がしました。


 


チョット大げさですかね~


何度も何度も口ずさみました。不思議に歌詞は覚えているのです。


歌っているとだんだんメロディが 甦ってきました。
ハッと曲名が浮かびました。


そうだ、「遥かなる山の呼び声」だ~
と思い出しました。


コレッて西部劇映画の主題歌だったんだ~と
「ハイ、この映画 見ましたよ」
今日は別に映画の筋書きは求めていないんです。


有名なラストシーンで少年が「シェーン・カムバック」と叫んだ
映画だ・・・「ウン!間違いない」と早速検索しました。


やはりそうでした。



ただ それだけの 話しなんです。又 興味のある方は
ユーチューブででも御聞きになって下さい。
映画のあらすじも掲載されています。


毎度の事ですが今日はこの曲に取り付かれて思い出すのに苦労
したと言う話しなんです。気になる事は出来るだけ思い出す事も


私達の年代には必要な事らしいですよ・・・
たわいない話しでスミマセンでした。(*^_^*)

きょうはこれにて失礼します。

ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
御訪問ありがとうございました

ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ

2013/02/19/00:52(火)


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

クラクションで飛び出て来た懐かしい顔!「鏡よ鏡よ~」


2013/02/01/16:37(金)

今日は昼過ぎに長女が車で荷物を色々積んで来ました。
自宅のマンションで置くのが邪魔になるものらしい・・・


来る前に「お母ちゃん15分程したら行くから・・・チョット2階に
置かせてほしい物が有るねん」と おっしゃいました。


ついでに「お父ちゃんは今いるか~?」と聞きます。


私は「居るでぇ~」と言うと「重たい物が有るから上げるのを
手伝って欲しいんや~」といいます。私は「解った~」と言って


待っていました。間もなく長女がヤッテ来て父親と一緒にドタドタ
と荷物を2階へ運び上げています。


我家は3人の子供達が巣立って2部屋は空いています。
長女が巣立ったのはもう22年前です。今は時々は2階の一部屋は
長女宅のトランクルームになる時があります。


まぁ私達夫婦2人きりの生活ですから別に邪魔にもなりません。
荷物を置いて久しぶりに親子でお茶にしました。


話しもはずんで1時間程話し込み
「ほな帰るわ~」と言って


玄関前に止めた車を道路へ
出そうと思うと


道路への出口を塞ぐ様に見慣れぬ車が止まっています。
「へえ~だれやろ?」と言いながら向かいの
学生マンションのエントランスを覗きました。


誰も居ません・・・困っていると娘も気が短い!クラクションを
「プップ~」と2回 鳴らしました。



すると お隣さんの玄関が開いて私と同じ位の年恰好の女性が
「すいません・・・」と言いながら飛び出して来て車を
移動しました。私は車道に出て娘を誘導しました。


まだその人は用事が済んでいなかったのか車を移動させて待って
いました。私も・・・「すいませんでした」と声をかけました。


顔を見ると なんと 35年以上前からの顔見しりでした。
ここ10年は出会っていませんでした。
その方は化粧品の訪問販売の方でした。


私も一時期使っていた化粧品でした。何年かは使いましたが、
体質の変化なのか肌トラブルが生じたので思い切って
メーカーを変えた経緯がありました。


私が取引を辞めてもその方は顔を合わせるといつも
心良く挨拶をして下さいました。



お隣の奥さんは私の幼なじみです。
私の後からの お得意さんでした。



でもそのうち何年も顔を合わせる事も
なく現在に至っていました。
づーっと変わらず隣へ来ていたとの事・・・



「いや~まだ頑張って続けていたはってんね~」と驚きました。


それと同時に お隣さんもず~と使い続けおられた事に感心しました。
その方は昔と同じ柔和な笑顔で「まだ頑張っていますねん・・・」
と言われニコニコと良い笑顔です。


私は「やはり継続はチカラなりやね・素晴らしい」と
賛辞の言葉を送りました。「奥さんは今はもう隠居さんですか?」
と聞かれました。



私「はいそうですねん年金暮らしで高級化粧品も使えませんわ~」

彼女「よう言わはるわ~」と笑います・・・

私「いや、ほんまです・・・(T_T)」


彼女への心の声
(高級化粧品で無くてもこの歳でこのビボウ!貴女 見えてます?)
    
(ええっ!気が付かへんかったって?目・悪いんとチャウ?(+_+))

何かワタクシおかしな事言いましたか?   


ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
御訪問ありがとうございました

ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ


2013/02/01/16:37(金)

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
プロフィール

ぽぽ

Author:ぽぽ
❅❆❄❅❆❄❅❆❄
1943年生れの
 戦争遺児の私です。

満4歳で京都から母の
従姉妹夫婦の養女に出さ
れ大阪の子になりました。
子供の時からマケジ魂で
  生きて来ました。

41年間 寿司と仕出しの店を
営業・調理士もしていました
2010年に卒業致しました。

2012年12月31日まで
たんぽぽ娘と名乗っていま
したが「綿毛たんぽぽ」になる
時期が来ました2013年より
新しい芽吹きを目指します。 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。